百人一首の風景

ひさかたの 光のどけき 春の日に
    しづごころ)なく 花の散るらむ         

                   紀友則


百人一首、好きです。



今年は4月に入っても冷たい雨が降ったり、急に突風が吹いたり、やっと春めいてきて、桜が咲いて眺めていたら、もう葉桜。
花びらが舞い散っています。


とある日の仕事のお昼の休憩時間に選んだ場所。
竹やぶがあり、桜が舞い散っていて、暖かく柔らかい日差し。

そんな光景の中にたたずんでいたら、日本的な美しい光景を詠んだ古今集の中でも名歌と言われる冒頭の一首を思い出しました。

舌切り雀のお宿がありそうな。
a0221829_14183467.jpg




百人一首、オトナ目線でもう一度学び直してみたいと思っています。
そして、桜の下で百人一首をやりたいな。








 
  
トラックバックURL : https://deauniwa.exblog.jp/tb/15176210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by de-a-u-niwa | 2012-04-30 17:57 | 風景 | Trackback

造園、植物、風景、庭、日々の思い、出来事を・・・


by de-a-u-niwa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31